(´;ω;`)ブワッ


by nakieiga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
a0067708_11565685.jpg戦艦と言えば日本では〈大和〉が有名だが、戦史においてその存在感は小さい。存在感で言えば、ドイツ海軍の〈ビスマルク〉のほうが圧倒的に大きい。〈ビスマルク〉は敵であるイギリスにとって何がしかの象徴的な存在になったのに対し、〈大和〉は何ら存在感を示すことができなかった。そりゃあ沖縄へたどり着き、敵戦艦の5~6隻でも屠っていれば話は別だったが。

1941年、ドイツ支配下のノルウェイから〈ビスマルク〉が出撃した。「ライン演習」と呼ばれる、通商破壊作戦である。当時のイギリスは日本同様、海上連絡線が命脈であり、そこを断たれると干上がってしまう。実際、Uボートや通商破壊艦の活動により、イギリスは厳しい状況に追い込まれていた。

この上、世界最強を誇る〈ビスマルク〉が大西洋へ進出してきたら!

かくして、イギリス海軍は総力を挙げて〈ビスマルク〉阻止に乗り出す。敵が進出してくる可能性が高いデンマーク海峡にはイギリス海軍の誇り〈フッド〉と新鋭戦艦〈プリンス・オブ・ウェールズ〉を配する磐石の布陣。そして、〈ビスマルク〉はそこへ現れた。鎧袖一触、〈フッド〉を轟沈させると、〈ウェールズ〉にも大きな損害を与えたのだった。

その破壊力はまさに暴龍。一敗地に塗れた騎士=イギリス海軍だが、勇敢なソードフィッシュ隊の雷撃で足を止め、ついには龍退治に成功するのである。

という、海戦史上に残る一週間ほどの戦いを、イギリス海軍司令部の視点で描いたのが本作。〈ビスマルク〉に対し、畏怖と畏敬の念が混じる当たり、イギリス海軍にとって「彼(例外的に「彼女」とは呼ばなかったらしい)」の存在感がいかに大きいかがわかる。

特撮も優れていて、〈ビスマルク〉などのミニチュアを映すシーンと、これは当然ながらイギリス艦のものになるが、砲撃や雷撃シーンの実写とが、それほど違和感がない。ソードフィッシュの発艦や魚雷発射、ポンポン砲の発射シーンなど印象的だ。

面白いのは、直接砲火をまみえるドイツ艦とイギリス艦、それにイギリス海軍司令部の視点はあるけれど、ドイツ海軍司令部の視点がないということ。実際、彼らの無理解が〈ビスマルク〉喪失につながったのであり、そのこととリッチェンス提督が最期まで胸に抱いた空証文とが、悲劇性をもたらしている。それゆえに、〈ビスマルク〉撃沈の報せが届いても、「なかなか歓声が出せないものですね」というダナ・ウィンターの台詞が胸に染み入るのである。

海戦映画の傑作の一つだ。
[PR]
# by nakieiga | 2007-05-02 11:52 | DVD
タイトルそのまま、字幕屋さんの内幕を描くエッセイ。

本書でも少し触れられているが、映画字幕に関してなら『映画字幕の作り方教えます』(清水俊二)が圧倒的に内容が充実しており、わざわざこの本を読むまでもない。妙に若作りな文体も痛々しく、ぼやきや愚痴からは、字幕作りを仕事にしているプロフェッショナルとしての誇りが全く感じられなかった。

また「日本語が変」に当たる内容もありきたり。あんまり文句ばかり言っていると、字幕特有の妙な会話文にケチつけられるぞ。

(壁)
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-28 13:04 | 読書
「ルネサンスとは何ぞや」という問いかけに対し、塩野七生は「人間の見たい、知りたい、わかりたいという欲望の爆発」だと書いている。既成の価値観に盲従するのではなく、「ホントにそうか?」と立ち止まって考えてみる。「それってどうなの」という他人に、あるいは自分に対する問いかけも同質だ。

本書は様々な物事の本流に、そうしたルネサンス的視点を向けたコラム集。こう書くと大袈裟だが、内容はいつもの斎藤美奈子。地方紙の短めのコラムを中心に編纂されており、さらりと読める。社会的な問題(右傾化への危惧)、教育、ジェンダーに関する議論、メディア論など、話題は豊富、あるいは雑多。電車の中で興味ある話題をつまみ読みするのも良い。

「それってどうなの」という著者のつぶやきに、読者は迎合することなく、「それこそどうなの」とつぶやいてこそ、本書をより楽しく読める。斎藤美奈子の主張が殆ど本流だった時代もあるのだから。

★★(暇つぶしに)
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-27 09:31 | 読書

73kg(前日比-1kg)

【朝食】
野菜スープ、パン、ヨーグルト

【昼食】
ご飯、卵焼き、アスパラ竹輪、鯵

【夕食】
ご飯、味噌汁、マーボー茄子、アスパラサラダ

【今日の運動】
5km走、自転車こぎ16分、筋トレ一式

3試合連続サヨナラ負けってのも、なかなかできることじゃない。
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-24 22:41

大いなる助走/筒井康隆

『巨船ベラス・レトラス』と併せて読みたい一冊。『巨船~』が現在の文学界全体における憤りをぶつけたものであるなら、『大いなる~』は文学賞に対する私怨をエネルギーに、最後まで駆け抜けている。筒井康隆は直木賞を取り損ねたのである。

地方都市の同人に新人が参加。彼は勤務している大企業の内幕を描く暴露小説を書き、それが文芸誌の目に留まり、何と直升賞候補に推薦される。しかし、作品が優れているからというだけですんなりと賞が獲れるものではない。あの手この手で審査員を味方につけなければならないのだ。

同人でくすぶっている文学崩れの連中や、文学界に巣くう魑魅魍魎をこれでもか、とカリカチュアライズ。『巨船~』でもそれが面白かったが、『大いなる~』の私怨パワーはそれをはるかに凌ぐ。

書かれていることがフィクションだと思えないのは、惚れた女を取られた私怨で東野圭吾の直木賞受賞を妨害し続けてきた老害がいるから。散弾銃で撃たれても気づかないかもね、鈍感力の持ち主だし。

抱腹絶倒モノではあるが、根底には文学に対する真摯な姿勢がある。それは『巨船~』とも通底するところである。それは批判に対する予防線などではなく、筒井康隆の姿勢そのものだと感じた。

★★★★(もう一回読もう)
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-24 09:02 | 読書

74kg(前日比+1kg)

一進一退の攻防が続く。

【朝食】
野菜スープ、パン、ヨーグルト

【昼食】
ご飯、玉子焼き、サラダ、スコッチエッグ

【夕食】
ご飯、味噌汁、鯵、アスパラサラダ、こんにゃくとごぼうの煮物

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1、背筋50回×1

その昔、東京で暮らしていた頃、知り合いに漫画家の卵がいた。彼は慢性的な運動不足に悩み、今で言うメタボリックな問題を抱えていたが、毎日腕立て伏せと腹筋をすることで脂肪が筋肉へ変わり、腹も引っ込んだ。その効果を目の当たりにしたからこそ、毎日運動を続けているのだが、なかなか目に見えるまではいかない。
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-24 08:25
もともとミーハー嫌いなので、当時話題だった映画『ロッキー』なんてもちろん観ない。高校生の文化祭のその前日際で、全校生徒を集めて映画鑑賞会をした時も、「『ロッキー』、あんなのハリウッドの商業主義が生み出した唾棄すべきゴミだね」なんて斜に構えていた。

体育館から出てきた時には、シャドー・ボクシングを始めていた。

それからも第1作はテレビなどで見たと思うが、第2~第4作は観なかったし、観たいとも思わなかった。今回、劇場まで足を運ぶ気になったのは、『ロッキー・ザ・ファイナル』の邦題ではなく、『ロッキー・バルボア』という原題に惹かれたからだ。原点回帰、そう読み取れた。

かつてのヘビー級チャンピオンは、今はレストランのオーナーになっていた。最愛の妻エイドリアンは他界し、息子は親元を離れて生活をしていた。満ち足りた生活ではあったが、何かが足りない。ロッキーは昔話を客に聞かせるサービスをしていた。息子は親の七光りで仕事に就き、何とか自分の足で立とうと努力をしていた。そのために、不必要にロッキーを避ける。結局、二人とも過去に縛られていたのだ。

突然、その呪縛から解き放たれる機会が訪れる。ロッキーがプロボクサーへの現役復帰を申請、そしてあまりに強すぎて対戦相手がいないヘビー級のボクサー、メイソン・ディクソンとのエキシビジョン・マッチが執り行われることとなったのである。「金儲けのための見世物興業だから」と、手抜き試合を持ちかけるメイソンに対し、ロッキーにできることは一つしかなかった。

つまらなくはないが、驚きもなかった。映画館を出てもシャドー・ボクシングをすることもなかった。

ただ、ロッキーが気にかける女性が試合直前に言った言葉、「明日は、心は老いないということを証明してみせて」にはグッときた。こういう女性が身近にいれば、戦い続けることができそうだ。

★★★(まあ、こんなもんでしょ)
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-23 11:32 | 映画
a0067708_1045961.jpg

奥は途中まで作って放置中の〈漣〉。

タミヤの特型(吹雪型)駆逐艦キットは、発売当時は他社メーカーの駆逐艦が軒並み子供騙しな出来だったこともあり、高評価を得た。しかし今の目で見ると修正すべき箇所が多い。最近発売されたE級駆逐艦レベルの特型駆逐艦を出してくれたら、全艦買い揃えるんだけどなあ。

タミヤに遠慮があったのか、ピットロードはこれまでアオシマ、ハセガワの駆逐艦を狙い撃ちにしていたが、ここへ来て特型駆逐艦を投入してきた。タミヤ・キットの誤りは修正されているようだが、何故か食指が動かんのだよなあ。

船体の主だった修正箇所は写真の通り。リノリウム押さえは以前は筋彫りで再現していたが、0.2mm真鍮線を張ったほうがキレイに仕上がった。オーバースケールは承知の上。塗装後にリールなどを取り付ける予定。手すりは……どうしよう。
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-23 10:53

73kg(前日比-1kg)

ようやく以前の体重へ戻ってきた。目標まであと5kg。先は長い。

【朝食】
なし。

【昼食】
ラーメン(替え玉)
※webでは評判の良い綿麺へ行く。まあまあ。店主の愛想なさは異常だなあ。

【夕食】
カレー、サラダ
※缶チューハイ、日本酒
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-23 10:33
窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」

> 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ
> 同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。


井筒はアホと言うより下劣なんだ。

だがしかし、だからと言って『俺は、君のためにこそ死ににいく』が優れた作品とは限らない。劇場で垂れ流されたメイキング&予告でお腹一杯の感はある。
[PR]
# by nakieiga | 2007-04-20 16:08 | 映画