(´;ω;`)ブワッ


by nakieiga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

青に候(あをにさうらふ)/志水辰夫

志水辰夫の初時代小説(と帯に書いてあったように思う)。とは言え、舞台は変われど志水節は変わらない。

船酔いに悩まされつつ、江戸に戻ってきた男が一人。わけありらしく、人目を忍んで長屋に潜む。男の名は、佐平。何のために佐平は江戸に戻ってきたのか、そして江戸へ戻らなければならなかったのか、次第に明らかになっていく。不器用な男たちの意地の張り合いがそこにはあった。

少し前に読んだ『行きずりの街』に雰囲気が少し似ているが、こちらのほうが完成度が高い。志水作品の中には、主人公はいいけど他の男が今一つ、というものがあるが、本作は佐平の周りに良い男が揃っている。不器用な男たちを必要とする時代背景が良いのだろうか? そうすると、志水辰夫にはどんどん時代小説を書いてもらいたいものだ。

最後の一行は、初期の志水辰夫ファンとして蛇足と見るべきか、あるいは近作のファンとしてサービス精神の発露と考えるべきか、評価に悩むところだ。その直前の一文を読めばこう続くことが予測されるので、ないほうがより「男泣き」できるのは確かではあるが。

★★★★(志水作品を再読したくなった)
[PR]
by nakieiga | 2007-04-17 00:14 | 読書