(´;ω;`)ブワッ


by nakieiga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ビスマルク号を撃沈せよ!

a0067708_11565685.jpg戦艦と言えば日本では〈大和〉が有名だが、戦史においてその存在感は小さい。存在感で言えば、ドイツ海軍の〈ビスマルク〉のほうが圧倒的に大きい。〈ビスマルク〉は敵であるイギリスにとって何がしかの象徴的な存在になったのに対し、〈大和〉は何ら存在感を示すことができなかった。そりゃあ沖縄へたどり着き、敵戦艦の5~6隻でも屠っていれば話は別だったが。

1941年、ドイツ支配下のノルウェイから〈ビスマルク〉が出撃した。「ライン演習」と呼ばれる、通商破壊作戦である。当時のイギリスは日本同様、海上連絡線が命脈であり、そこを断たれると干上がってしまう。実際、Uボートや通商破壊艦の活動により、イギリスは厳しい状況に追い込まれていた。

この上、世界最強を誇る〈ビスマルク〉が大西洋へ進出してきたら!

かくして、イギリス海軍は総力を挙げて〈ビスマルク〉阻止に乗り出す。敵が進出してくる可能性が高いデンマーク海峡にはイギリス海軍の誇り〈フッド〉と新鋭戦艦〈プリンス・オブ・ウェールズ〉を配する磐石の布陣。そして、〈ビスマルク〉はそこへ現れた。鎧袖一触、〈フッド〉を轟沈させると、〈ウェールズ〉にも大きな損害を与えたのだった。

その破壊力はまさに暴龍。一敗地に塗れた騎士=イギリス海軍だが、勇敢なソードフィッシュ隊の雷撃で足を止め、ついには龍退治に成功するのである。

という、海戦史上に残る一週間ほどの戦いを、イギリス海軍司令部の視点で描いたのが本作。〈ビスマルク〉に対し、畏怖と畏敬の念が混じる当たり、イギリス海軍にとって「彼(例外的に「彼女」とは呼ばなかったらしい)」の存在感がいかに大きいかがわかる。

特撮も優れていて、〈ビスマルク〉などのミニチュアを映すシーンと、これは当然ながらイギリス艦のものになるが、砲撃や雷撃シーンの実写とが、それほど違和感がない。ソードフィッシュの発艦や魚雷発射、ポンポン砲の発射シーンなど印象的だ。

面白いのは、直接砲火をまみえるドイツ艦とイギリス艦、それにイギリス海軍司令部の視点はあるけれど、ドイツ海軍司令部の視点がないということ。実際、彼らの無理解が〈ビスマルク〉喪失につながったのであり、そのこととリッチェンス提督が最期まで胸に抱いた空証文とが、悲劇性をもたらしている。それゆえに、〈ビスマルク〉撃沈の報せが届いても、「なかなか歓声が出せないものですね」というダナ・ウィンターの台詞が胸に染み入るのである。

海戦映画の傑作の一つだ。
[PR]
by nakieiga | 2007-05-02 11:52 | DVD