(´;ω;`)ブワッ


by nakieiga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

75kg(前日比+1kg)

【朝食】
野菜スープ、パン、ヨーグルト

【昼食】
ご飯、卵焼き、ソーセージ、ブロッコリー(手抜き弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、鰤マスタードソース、ほうれん草、ポテトサラダ

【デザート】
よもぎ餅

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

1kgは誤差のうちと信じたい。

踏み台昇降は野球観戦をしながら。しかし、あのタイミングで放送を終了するくらいなら、最初から中継なんてしなけりゃいいのに。甲子園だったらサンテレビが引き継いでくれただろうか?

しかし、誤審と、それをフォローするかのような誤審、ブラウン監督の出鱈目な投手起用には痺れた。上野? 誰だそりゃ? 
[PR]
by nakieiga | 2007-03-30 22:31

JWordはリアルでもウザい

ウイルスだのスパイウェアだの言われているJWORDのプラグインだが、本当にウザいのは確か。「これからの検索はJWordで決まり」と、代理店に言葉巧みに騙されたんだよなあ、社長が。

ネットワーク・カメラは、セキュリティの意味もあって、80番以外のポートを使うことが多い。そうするとアドレスは「http://aaa.bbb.ccc.ddd:6XXXX」という形式になるが、JWordのプラグインは「http://」を勝手に省略してしまい、アドレス構文エラーへと誘ってくれる。今のプラグインは知らないが、本当にゴミだ。

それならアンインストールするなり、最初からプラグインをインストールしなければいいんだが、リアルで営業の電話がかかってくるからタチが悪い。アドワーズやオーバーチュアを利用している企業に片っ端からアプローチしているのだろうが、「××というキーワードに空きが出ましたので是非御社に利用してもらいたいと思いまして」って、それは使えないと別の企業が判断して見切られただけの話だろう。「前使ったけど、効果がないからもうしません」と電話を切ろうとすると、「本当ですか!? それはいつ頃の話ですか」と、「こう言われたら、こう切り返せ」のマニュアル片手に電話している様が目に浮かぶようで、面倒なのでガチャ切りした。

どうせそのうち、どこかの代理店から電話がかかってくるんだろうが。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-30 10:26 | 徒然
ようやくにして、村上春樹訳の『ロング・グッドバイ』を手に入れた。東京出張のたび、書店で探したんだけど見つからない。売り切れ。何のことはない、近所の駄書店に売れ残っていた。

チャンドラー作品と言えば清水俊二訳以外にあり得んだろ、稲葉明雄? 誰それ? という勢いの清水訳びいきなので、偏見たっぷりに頁をめくっていったが、いやいや、面白いじゃないですか。清水訳では訳されていなかった箇所も網羅されていて(それが必ずしも必要かと言えば、議論を待つ必要があるが)、村上春樹の小説家としての才覚を再認識させられる。

こうなると、『グレート・ギャッツビー』も読みたくなるね。

自分にもテリー・レノックスに近い存在がいて、ずいぶん前にその人と渋谷のバーで飲んでいた時のこと。ギムレットを飲みつつ、『長いお別れ』の話になって、「本当のギムレットはローズ社のライムジュースとジンを半々」なんてことを言っていたら、「ウチはローズ社のを使っているんですよ」と、バーテンがわざわざライムジュースのビンを引っ張り出してきてくれたことがあった。その計らいにどれだけ喜んだことか。

その店は、もうなくなってしまったんだけど。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-30 09:13 | 読書

74kg

【朝食】
野菜スープ、パン、苺のヨーグルト和え

【昼食】
ご飯、卵焼き、豚肉の炒め物、ポテトサラダ(弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、豚肉と茄子の炒め物、かぼちゃの煮つけ、タコときゅうりの酢の物、菜花

【今日の運動】
踏み台昇降1時間、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

今日はジムへ通う日だったが、夕方から勉強会の依頼があって断念。ジムは9時で閉まるので、7時過ぎに会社を出なければ間に合わないのだ。もう少し遅くまでやっているジムが近くにあればなあ。

植木等の『日本一のホラ吹き男』を見ながらの踏み台昇降。改めて見ると、この人に代わる芸人がいないことに気づく。映画限定で言えば、陽と陰の違いはあるが、北野武が少し似た存在であるように思う。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-29 23:36
映画『ザ・グッド・ジャーマン』の原作。

主人公は従軍記者のジェイク。取材のため、ドイツ降伏直後のベルリンに入ったが、ジェイクには他にも目的があった。それは戦前、ベルリン駐在中に不倫していた女性レーナを探すこと。しかしベルリンは爆撃やら砲撃やらで廃墟と化しており、ソ連軍の進駐によって街は混沌のきわみにあった。そんなわけで、簡単にはレーナは見つからない。

そうこうしているうちに、ソ連軍が封鎖しているポツダムで、何故かアメリカ兵の死体が見つかる。しかも彼は多額の現金を持っていたのだ。

ベルリンへのフライトで同じ飛行機に乗っていたその男の死に疑問を抱いたジェイクは、真相を探るために取材を開始、その過程でレーナを見つけたり、ドイツ人の所業とアメリカがしていることの狭間で悩んだりする。

何とも浅薄な話で、うーん、これなら映画を観に行くのはやめておこうか。その浅薄なところがいかにもアメリカ人らしいとは言えるのだが、同じベルリンを舞台にしたフィリップ・カーの作品群のほうが重厚感がある。こちらはイギリス人。人間の業の澱が溜まったベルリンを感じさせてくれるのに対し、本作はその上澄みを見せてくれるだけ。ジェフリー・カーヴァーの『獣たちの庭園』もそんな感じだった。軽いタッチでは読めるけど、それだけ。

原題の『ザ・グッド・ジャーマン』は「模範的なドイツ人」と訳されていたが、そうなんだろうか? 「良いドイツ人は死んだドイツ人だけだ」という言葉があるが、そっちじゃないかと思う。あるいは、その両方か。それと言うのも本書では2回、「ザ・グッド・ジャーマン」の表記があり、最初のそれは「死んだドイツ人」の意味がふさわしい。そうすると2回目に出てくる「ザ・グッド・ジャーマン」が、その言葉を口にするのがどういう人物であるかということを踏まえ、今度は「模範的なドイツ人」という意味として捉えると、実に皮肉が利いた内容になってくる。そしてそして、そうなってくると、ジェイクがいちいち腹を立てる(これがまあ、青臭く思えるわけだけど)物語の根幹に関わる話も、アイロニーを帯びるというものである。

★★(フィリップ・カーを読みたくなった)
[PR]
by nakieiga | 2007-03-29 13:29 | 読書

バタフライ・エフェクト

会社まで2回電車を乗り換えないといけないが、最初に乗る電車の発車時刻が1分早まったことで、次の地下鉄で1本、その次の地下鉄で2本早い便に乗ることができ、通勤時間が5分短縮された。これもバタフライ・エフェクトと言うのだろうか。

いつも乗る地下鉄が変わることで自分ではない誰か、もっと未来への選択肢を多く持つ人は運命が変わるかもしれないなあ。ネガティブなところでは、事故に遭ったり、痴漢の容疑をかけられたり。それが本来なら国政を動かすような人物だったりすると、北京の蝶の羽ばたきがニューヨークで嵐を起こしたことになる。

通勤時間が5分早まったところで劇的なことが起こるはずもないが、朝礼までのメール処理が円滑になり、朝礼後のエンジン始動もスムーズになっている気がする。これが積み重なるとバタフライ・エフェクトになるのか!?

そう言えば、アシュトン・カッチャー主演の『バタフライ・エフェクト』という映画があった。DVDを持っているはずなので、もう一度観てみよう。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-29 08:34 | 徒然

74kg

【朝食】
野菜スープ、ベーグル

【昼食】
豆ご飯、玉子焼き、鶏肉炒め、ブロッコリー(手作り弁当)

【夕食】
ご飯、ジャガイモの味噌汁、かぼちゃの煮つけ、鯵のムニエル、サラダ、ひじき

【デザート】
宇治茶ワッフル

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

やはり昨日1kg減ったのは誤差にすぎなかったのか……。

三洋電機の凋落は目を覆うばかりのものがあるなあ。携帯電話とデジカメは三洋電機のものを使っているので、複雑な思いだ。携帯電話は、auでも手続きなしで海外で使えるので重宝しているし、デジカメ(Xacti)も動画圧縮にいち早くMPEG-4を取り入れたスグレモノなんだけどなあ。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-28 23:10

73kg!

【朝食】
野菜スープ、パン、ヨーグルト+バナナ

【昼食】
ご飯、鰆、卵焼き、鶉の卵入り蒲鉾?、ほうれん草(弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、豚ともやしの炒め物、野菜サラダ、海草と寒天のサラダ、ひじき

【今日の運動】
ランニング5km、自転車こぎ20分、筋トレ一式

誤差の範囲とは言え、1kgは嬉しい。週末と週明けに飲み会が控えている。今度こそは自重しよう。今度こそは。

ここのところ、脹脛が痛い。踏み台昇降のせいだろうか?
[PR]
by nakieiga | 2007-03-27 22:43

74kg

【朝食】
野菜スープ、マフィン、オレンジ入りヨーグルト

【昼食】
ご飯、鶏肉炒め、ちくわの磯辺上げ、卵焼き(手作り弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、鰆の塩焼き、ほうれん草、野菜サラダ

【デザート】
桜餅とよもぎ餅

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

「オフィス(5階)までエレベーターは使わない」運動が珍しく続いている。
[PR]
by nakieiga | 2007-03-26 23:35
インフルエンザが流行っていることもあって、マーケット・プレイスにて半額で購入。

1918年、第一次世界大戦を終結させる引き金になったとも言われる「スペイン・インフルエンザ」。それがどのような経緯で発生、そしてアウトブレイクし、人類はウイルスにどう立ち向かっていったのか、詳細を告げるノンフィクション。

てっきり中国辺りが発祥かと思ったら、アメリカの農村生まれ。当時のアメリカでは、農民は家畜と一緒に暮らしていたのだ。

本来ならその限られた地域で終息する筈のインフルエンザだが、アメリカが第一次世界大戦に参戦したため、インフルエンザに罹患した若者たちが国のあちこちのキャンプへ行った。キャンプと言えば、不衛生で、人が大勢集まる場所だ。かくしてインフルエンザはアメリカ国内で牙を研ぎ、部隊がヨーロッパへ派遣されると、そこで一気にアウトブレイクしたというわけである。

アメリカ産なのに何故「スペイン・インフルエンザ」なのか? 当時、大国は戦争状態にあり、国内の不利な情報をオープンしようとはしなかった。中立国であったスペインの新聞が、フェルディナント国王がインフルエンザで重篤な状態にあると報じたことがきっかけとなり、世界的に流行したこのインフルエンザは「スペイン風邪」と呼ばれるようになったのである。

各章の終わり方が「驚愕の事実はCMの後で!」といったノリなので、ひょっとすると原文は読み物としても楽しめるものかもしれないが、直訳調なので少し読み辛い。

最後に最近のインフルエンザ事情についても述べられており、話題のタミフルについての記述も少しだけあった。ウイルスが取り付いた細胞を攻撃した後、別の細胞へ移ろうとするのを防ぐ役目をするのがタミフルなんだそうだ。そう説明されるとインフルエンザに効くというメカニズムがわかる。で、それと同じ働きをする何とかという吸引薬もあるそうだが、こちらは副作用はないんだろうか。

と思って少しググったら見つかった。吸引薬の名前は「リレンザ」。

●新インフルエンザ治療薬、健康保険適用の不可解
●タイムリーな勉強会(堕天使の呟き様)

リレンザ」、忘れないようにしよう。

★★(拾い読みでOK)
[PR]
by nakieiga | 2007-03-26 11:12 | 読書