(´;ω;`)ブワッ


by nakieiga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バタフライ・エフェクト

会社まで2回電車を乗り換えないといけないが、最初に乗る電車の発車時刻が1分早まったことで、次の地下鉄で1本、その次の地下鉄で2本早い便に乗ることができ、通勤時間が5分短縮された。これもバタフライ・エフェクトと言うのだろうか。

いつも乗る地下鉄が変わることで自分ではない誰か、もっと未来への選択肢を多く持つ人は運命が変わるかもしれないなあ。ネガティブなところでは、事故に遭ったり、痴漢の容疑をかけられたり。それが本来なら国政を動かすような人物だったりすると、北京の蝶の羽ばたきがニューヨークで嵐を起こしたことになる。

通勤時間が5分早まったところで劇的なことが起こるはずもないが、朝礼までのメール処理が円滑になり、朝礼後のエンジン始動もスムーズになっている気がする。これが積み重なるとバタフライ・エフェクトになるのか!?

そう言えば、アシュトン・カッチャー主演の『バタフライ・エフェクト』という映画があった。DVDを持っているはずなので、もう一度観てみよう。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-29 08:34 | 徒然

74kg

【朝食】
野菜スープ、ベーグル

【昼食】
豆ご飯、玉子焼き、鶏肉炒め、ブロッコリー(手作り弁当)

【夕食】
ご飯、ジャガイモの味噌汁、かぼちゃの煮つけ、鯵のムニエル、サラダ、ひじき

【デザート】
宇治茶ワッフル

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

やはり昨日1kg減ったのは誤差にすぎなかったのか……。

三洋電機の凋落は目を覆うばかりのものがあるなあ。携帯電話とデジカメは三洋電機のものを使っているので、複雑な思いだ。携帯電話は、auでも手続きなしで海外で使えるので重宝しているし、デジカメ(Xacti)も動画圧縮にいち早くMPEG-4を取り入れたスグレモノなんだけどなあ。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-28 23:10

73kg!

【朝食】
野菜スープ、パン、ヨーグルト+バナナ

【昼食】
ご飯、鰆、卵焼き、鶉の卵入り蒲鉾?、ほうれん草(弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、豚ともやしの炒め物、野菜サラダ、海草と寒天のサラダ、ひじき

【今日の運動】
ランニング5km、自転車こぎ20分、筋トレ一式

誤差の範囲とは言え、1kgは嬉しい。週末と週明けに飲み会が控えている。今度こそは自重しよう。今度こそは。

ここのところ、脹脛が痛い。踏み台昇降のせいだろうか?
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-27 22:43

74kg

【朝食】
野菜スープ、マフィン、オレンジ入りヨーグルト

【昼食】
ご飯、鶏肉炒め、ちくわの磯辺上げ、卵焼き(手作り弁当)

【夕食】
ご飯、味噌汁、鰆の塩焼き、ほうれん草、野菜サラダ

【デザート】
桜餅とよもぎ餅

【今日の運動】
踏み台昇降30分、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1

「オフィス(5階)までエレベーターは使わない」運動が珍しく続いている。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-26 23:35
インフルエンザが流行っていることもあって、マーケット・プレイスにて半額で購入。

1918年、第一次世界大戦を終結させる引き金になったとも言われる「スペイン・インフルエンザ」。それがどのような経緯で発生、そしてアウトブレイクし、人類はウイルスにどう立ち向かっていったのか、詳細を告げるノンフィクション。

てっきり中国辺りが発祥かと思ったら、アメリカの農村生まれ。当時のアメリカでは、農民は家畜と一緒に暮らしていたのだ。

本来ならその限られた地域で終息する筈のインフルエンザだが、アメリカが第一次世界大戦に参戦したため、インフルエンザに罹患した若者たちが国のあちこちのキャンプへ行った。キャンプと言えば、不衛生で、人が大勢集まる場所だ。かくしてインフルエンザはアメリカ国内で牙を研ぎ、部隊がヨーロッパへ派遣されると、そこで一気にアウトブレイクしたというわけである。

アメリカ産なのに何故「スペイン・インフルエンザ」なのか? 当時、大国は戦争状態にあり、国内の不利な情報をオープンしようとはしなかった。中立国であったスペインの新聞が、フェルディナント国王がインフルエンザで重篤な状態にあると報じたことがきっかけとなり、世界的に流行したこのインフルエンザは「スペイン風邪」と呼ばれるようになったのである。

各章の終わり方が「驚愕の事実はCMの後で!」といったノリなので、ひょっとすると原文は読み物としても楽しめるものかもしれないが、直訳調なので少し読み辛い。

最後に最近のインフルエンザ事情についても述べられており、話題のタミフルについての記述も少しだけあった。ウイルスが取り付いた細胞を攻撃した後、別の細胞へ移ろうとするのを防ぐ役目をするのがタミフルなんだそうだ。そう説明されるとインフルエンザに効くというメカニズムがわかる。で、それと同じ働きをする何とかという吸引薬もあるそうだが、こちらは副作用はないんだろうか。

と思って少しググったら見つかった。吸引薬の名前は「リレンザ」。

●新インフルエンザ治療薬、健康保険適用の不可解
●タイムリーな勉強会(堕天使の呟き様)

リレンザ」、忘れないようにしよう。

★★(拾い読みでOK)
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-26 11:12 | 読書
a0067708_2359966.jpg

今週末はここまで。

甲板はオリーブドラブで塗装。天一号作戦時の甲板色は諸説あるが、レイテ沖海戦で黒塗装したものが退色した状態、と判断。例の写真でも、船体色より甲板色のほうが色濃いし。イメージに合う色(缶スプレー)がなかなか見つからなかったが、オリーブドラブが一番しっくり来た。

まだ電気ストーブを片付けていなかったので、スプレー缶を十分に熱する。そうすることでガス圧が高まり、きれいに吹き付けることができるのだ。

甲板に設置された3連装機銃22基を作ったが、太い指で小さいパーツを処理するのが死ぬほど面倒。これならエッチングパーツを使ったほうが楽だし、時間もかからない(ただしファインモールド限定。ハセガワのパーツは安価だが、あんなもの作れない)。

60cm探照信号灯はキットのパーツが使えないので、WLシリーズの装備品セットから。同じく羅針艦橋窓も辛いので、カッターマットにたまたま落ちていた窓枠に置き換えた。

最近、フジミのカーモデルは異常に精度が高いと評判だが、この大和型戦艦はとても同じメーカーとは思えない。既にバリだの傷だのもついているし、パーツの湯口がとんでもない場所にあって整形に手間がかかる。素直にタミヤのキットを組んでいれば、面倒がなかったものを。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-26 00:17

74kg

【朝食】
野菜スープ、パン(小)×2、ハムエッグ、キウイのヨーグルト和え

【昼食】
回転寿司10貫、あさりの赤だし、ぜんざい
(26号線沿いのくら寿司。
宝島が回転寿司の代用ネタを特集したらしいが、恐くて読めない)

【夕食】
鰆、スコーチドエッグ、味噌汁、ご飯、春雨サラダ、野菜サラダ

【今日の運動】
踏み台昇降1時間、腕立て伏せ50回×1、腹筋50回×1
任天堂DSで遊びながらの踏み台昇降は、気がつくと予定時間が過ぎているので楽だ。wiiスポーツと併用すると効果が上がるかも。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-25 21:57
ジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーということで、地雷覚悟で観に行ったが、どうしてどうして、なかなか楽しめる作品だった。

水兵とその家族500人以上が乗るフェリーが爆破テロに遭う。ATF(アメリカ財務省アルコール・煙草・火器局)の捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)はその手腕と、同僚の復讐を果たしたいという強烈な動機を買われ、最高機密に位置づけられた監視システムを使った特別捜査班に招かれることとなる。

白雪姫──それが監視システムに与えられたコードネームだった。衛星から送られてくる監視データを常時蓄積し、4日と6時間前の映像と音声を再生できる。ジャスト4日と6時間前。見たい場所ならたとえ壁をすり抜けても見ることができるが、膨大なデータを処理する制限のため、巻き戻しも早送りもできない。適切に使えば事件に至るプロセスを正確にトレースできるが、そうでなければ高価なのぞき趣味の道具になり果ててしまうシステムだった。

事件直後、女性の不自然な水死体が発見された。テロの被害者に見せかけられていたが、死亡推定時刻は事件より2時間前。デンゼル・ワシントンは彼女が事件に何らかの関わりがあると判断、「白雪姫」を駆使して4日と6時間前からの彼女の足跡を、確実な死へと向かう彼女の最後の日々を追いかけるのであった。

このまま煮詰めていっても面白い話になりそうだし、個人的にはそのほうが好みだが、物語はこの後、急展開を遂げる。

画面情報からだけでは判断しづらいこともあり、解釈の分かれるところだが、あまり小難しいことは考えず、見たまんまを楽しめば良い作品だと思う。事実というのは可能性の一つに過ぎないわけなんだから。

本作の中で、防犯カメラシステムがいくつか登場する。「白雪姫」は置いておくとして、容疑者とおぼしき男性が持っていたバッグからデータベースにアクセスし、同じバッグが映っている録画データを検索するシステム。台詞でも少し説明されていたが、これは「顔認証」というシステムで、この技術自体は確立している。入力映像から「顔」を選択し、データベースにある顔情報と一致点を探し出し、一致すればアラートする(入退室管理の場合はその逆)というシステム。

ただしそれをバッグでできるかと言えば、バッグのデータベースを事前に作成しておかなければならず、そんなことは現実には不可能だ。

昨年あたりから防犯カメラ業界ではIVS(インテリジェント・ビデオ・システム)が本格運用され始め、主に空港などで導入されている。これは前述した顔認証だけではなく、フェンスをよじ登ったり、境界線を越えて進入しようとしたり、オブジェクトの置き去り/持ち去りを検知するもの。ライブでアラートすることもできるし、条件をフィルタリングして録画ファイルを検索することもできる。現実が映画に追いつきつつある。

ちなみに現在は「デジレコ」と呼ばれるDVRにその機能が盛り込まれているが、カメラ本体がサーバー機能を持つようになり、負荷分散型のシステムも登場している。ネットワーク・カメラの分野ではPanasonic、CANONの後塵を拝していたSONYが、このIVをいち早く取り入れた(実用的かどうかはさて置く)。

また、録画ファイルを拡大して鮮明な画像が表示されるシーンが、この映画に限らず少なくないが、殆どの防犯カメラは38万画素であり、どれだけ画像補正しても鮮明になりようがない。最近ではメガピクセル・タイプのネットワーク・カメラが登場しており、これならば映画のようなシーンもあり得るが、当然データのトラフィック量が大きくなり、フレームレートが低下する。この分野でもアメリカは進んでおり、TCPではなくUDPを使い、同時アクセス数の制限はあるが、高画質・高フレームレートを実現している。これなら、映画のように録画ファイルを拡大しても鮮明な画像が得られる。これも現実が映画に近づいている例。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-25 11:10 | 映画
週末、できるだけ素組みで艦船模型を完成させていこうと思い立つ。エッチングパーツ厳禁。エアブラシも使用不可。

a0067708_373232.jpg

とりあえずこいつ。身も蓋もない商品名ですな。最終時のキットに、「非売品」のポストカードがおまけでついてくる限定品。

a0067708_39322.jpg

何も考えずに艦体に艦底板を接着する。全然合わない。プラ板で艦底板を自作するか、最初から使わないほうがいい。今回は素組みのつもりなので、合わない部分はパテでなく、プラペーパーを接着してツラを合わせる。

艦体と艦底板の合いは諦めるとしても、艦体の歪みがひどい。今回は面倒なので修正せず。その代わり飾り台に木ネジで強引に固定、矯正しようと思う。

a0067708_3121068.jpg

サフを吹いて隙間をチェック。

最終時の艦体は舷窓を閉塞した状態で再現されているが、やすりにくいのが難点。いっそモールドを全部削ってしまったほうがきれいに仕上がると思うが、そうするとどこに窓があるのかわからなくなる。だったら最初から凹モールドのほうがありがたいわけで。

やはり艦底板を使わないほうが時間短縮になった。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-25 03:17

ひこにゃんを探して

a0067708_2381110.jpg

21日、ひこにゃんに会いに彦根城へ行った。彦根城築城400年祭の初日だし、ひこにゃんの顔見せくらいはあるだろうと思って。

面倒だったので名神高速道路を使う。意外に車が多く、「こいつらみんな、ひこにゃんに会いに行くのか!?」と、焦りがアクセルを開かせる。2時間ほどで彦根城着。こじんまりとした城。姫路城の天守閣を登るのは大変だったが、2層しかない彦根城は楽々。それでも見学者は多く、城内をぐるりと一周するのに30分以上はかかった。

a0067708_2316272.jpg

城主の井伊家は鉄砲隊が有名だったそうで、火縄銃による演武が行われていた。ぱんぱんと、乾いた音が青空に響いた。チームカラー(?)は赤。ひこにゃんの兜の色はここからきている。

a0067708_2318218.jpg

現代の鉄砲隊は携帯電話で連絡を取るのだ。

a0067708_23192783.jpg

水戸市が彦根市に寄贈したという二期桜。桜が咲いた頃にまた行きたい。

待てど暮らせどひこにゃんが現れない。ひこにゃんの兜をかぶったひこにゃん同好会だかひこにゃんクラブだかは見かけたが、肝心の「もち」が出てこない。ガマの油売りが声を枯らして叩き売りをしても、「ひこねのよいにゃんこ」は姿を見せてくれないのだ。

くそう。

諦めて、遅めの昼食を取るために駅の方向へとぼとぼ歩いていると、石材店の店先に奴はいた。

a0067708_232722100.jpg

大きいのとか、

a0067708_23281363.jpg

小さいのとか。

こいつらにちょっと慰められつつ、再訪を期すのだった。
[PR]
# by nakieiga | 2007-03-24 23:30 | ツーリング